最近のトラックバック

2008鉄旅…飯山線

  • 快速くびきの
    2008…正月休みに思い付きで・・・以前より暖めていた冬の飯山線に乗ってみたいという欲求を解消すべく前日は一睡もせず最寄駅を始発列車に乗り込み・・・東海道線・身延線・中央東線・篠ノ井線・信越本線・飯山線・上越線・信越本線と全8路線450km…帰りは別路線トータルすると約1.100kmの鉄旅に行ってきました。このアルバムは前編です・・・・

江ノ電

  • 腰越駅にて
    一時は存亡の危機に瀕した江ノ電ですが、現在は沿線住民の足・休日とっもなれば観光客で超満員の人気路線となりました・・ 沿線のどこを切り取っても絵になる…江ノ電 楽しいですよ!

飯田線田本駅

  • 飯田線夕景
    長大ローカル路線…JR飯田線の秘境・田本駅を中心に周辺の画像を掲載しました。

磐梯西線

  • そろい踏み
    飯山線に続いて・・・新潟で一泊したあと二日目は区間乗車のままだった磐越西線の完乗のため新潟発8:22の磐越西線『快速あがの2号』に乗車しました。前回は夏の乗車だっため冬の磐越西線・・飯山線同様に豪雪地帯です。

南アルプスアプトライン

  • 南アルプスアプトライン
    大井川鉄道井川線(南アルプスアプトライン)の各駅…千頭駅~井川駅までと沿線風景を紹介します。

小海線

  • 野辺山駅
    高原列車で有名な小海線です。中央東線小淵沢駅より小諸駅までを結び単線非電化・・・全国のJRで標高の高い駅 ベスト10のうち8駅までが小海線の駅だそうです。小淵沢を発つと車窓からは南アルプス・八ヶ岳・富士山など私の一押しの絶景路線です。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

大井川鐵道 C56

Img_0534

前エントリーの続きです 主役をないがしろにした訳ではありません…あくまで主役は「くろがねの鉄人」 C56…前エントリーの記事「雑然」は大井川鐵道の車両のピットでした。

このエントリーではヘッドマークにズバピン 合焦させましたよ・・・今回は鉄分補給のエントリーです

続きを読む "大井川鐵道 C56" »

Snap3  (雑然)

Img_0511

本来ならターゲットにすべき主役を ぼかして・・・これだけみたら何者???そんな写真があっても良いんじゃないかな…って???へそ曲がりでしょか^^

Wクリックで拡大できます。。。

ふんわりと秋

Img_0489

秋の初めの花ってコスモスとこの花くらいしかありませんね・・・・・河原の堤に一本だけふんわりと

Snap 2

Img_0405

北海道ローカル線の働き者達キハ40(通称ヨンマル)…この函館駅から三系統の路線にそれぞれ旅立って行きます。束の間の兄弟顔合わせに お互い顔を見合わせ「お疲れ様」とでも言い合っているようでした。

Snap 1

Img_0429

二日前に我が町の上空を通過していった台風が夏の大気を一掃して高くなった空に秋の雲が浮いていました。

敢えてピントを何処にも合焦させないでピン甘撮影してみました…玉ボケも良い感じかな?Wクリックで拡大でkます。

続きを読む "Snap 1" »

最後の夜は

Img_0367_2

前記事の「北浜より」の続きです・・・あまり詳細な鉄旅日記では 間延びしてしまうので途中は割愛して・・・・北浜を後にして…すでに日の暮れた釧路湿原は まったく見えず釧路に投宿 翌日は北海道の いや日本の最東端である根室まで足を伸ばして 一気に札幌まで移動してきました。 JR全線制覇を目指して鉄旅を始めてから約6年 今回のような7泊8日の鉄旅は最も長い鉄旅になりました。

最後の夜を札幌で迎え 普段はオヤジの一人旅ゆえ あまり食事に拘りは無く ホテル近くのコンビニ弁当とか牛丼店とか 簡単に済ませてしまう事が殆どなのですが、最後くらいは街にでてみようと・・・

行ったお店が 札幌駅に程近い串焼きの店(リーズナブルです)食事の筈が 串焼きを肴に 普段は絶対に飲まない(飲めない下戸)ビールを小さなグラスに二杯も頂き すっかり気分も高揚(笑)・・・・・・ただ少々賑やかなお店だったので 場所を替えて ここも札幌駅に程近い ホテル地階にあるオールドタイプのバールームへ 写真のお店です。

続きを読む "最後の夜は" »

北浜にて

Img_2105_2

旭川に連泊し本日はオホーツクです網走まで特急オホーツクに乗り 網走からは普通列車キハ54に乗ってのんびりとオホーツク沿岸を南下しました。北浜駅…旅番組やらドラマにも登場する有名な駅ですね・・・

この駅には喫茶店「停車場」が併設されていて次の列車までの一時間 のんびり食事でもして過ごそうと下車したのですが、なんと臨時休業!!!!!仕方なく持参した文庫本の読書や写真を撮ったり ぼんやりとオホーツクの海を眺めていたら あっと言う間に一時間が過ぎてしまいました。

続きを読む "北浜にて" »

Snap

Img_1967

とくに意味はありません…鉄旅二日目のワンショット シトシトと小雨の降る日高の町で

モノクロのつもりで撮ったスナップだったけれども。。

風待食堂

Img_2003

こんなところにも行ってきました…日本海に面した小さな港町にある盲腸線の終着駅 その駅前に堂々たる木造三階建ての旅館と木造羽目板貼りの「風待食堂」 営業はしてるのかな? まるで映画のセットのように佇んでいました・・・・この町は時間を掛けたいと思いつつも待ち時間8分で慌しくこの町を後に

最北端の駅へ

Img_2037

函館から始まった今回の鉄旅…初日こそ晴れ間が覗いたものの以後は悪天続きだったのですが、本日は朝方の濃霧が嘘のように日中は清々しい秋空が広がりました・・・旭川から特急「スーパー宗谷」に乗って稚内まで3時間35分の鉄旅です・・・旭川」を発つと程なく北海道らしい広大な田園風景が広がります。

続きを読む "最北端の駅へ" »

水無月さんと札沼線と花の駅

Img_1994

鉄旅四日目の朝は札幌駅からスタートです…実はこの日 二年前からブログを介してお友達になっていた この札沼線沿線にお住まいの水無月さんに 「車窓より手を振るのでアクションコンタクトをとりましょう」と図々しい提案をしていたのですが、彼女は快く受けてくださり 今までネットを介してのお付き合いでしたが、実際の彼女に会える事になっており 朝からウキウキしておりました。。。

札沼線の小さな無人駅で彼女は待っていてくれました。。列車の僅かな停車時間30秒間で しっかり挨拶が出来るか心配でしたが、慌しくも何とか 「初めましてこんにちは」

そしてドアが閉まる直前に彼女自身が撮影した札沼線の春夏秋冬 四枚の写真 プロ級の見事な写真をお土産にとプレゼントして頂き 最後にお互い写真を撮りあったところでドアは閉まってしまいました。

もしかしたらこれが最初で最後になるかもしれない出会いでしたが、私のような珍客を?短い時間で丁重に持成して頂きました 有難うございます 水無月さん。。。そして写真は大切にアルバムに閉じ込めるのではなくて リビングに飾らせていただきます。

*****写真は札沼線の終着駅である新十津川駅…秋らしく綺麗にコスモスが咲き乱れていました。

価格相応?

Img_1838

さて・・・・・常日頃 駅弁を否定している管理人ですが、久々に食べていて「むかっ腹」がたってきました。仙台名物「牛タン弁当」です。 べつに東北復興にケチをつけるわけではありませんが・・・・

この駅弁の値付けに少々 合点がいきません・・・・・どんな駅弁も右に習えの如く ¥1.000前後の値段を付けていますが・・・・・なかには此れが¥1.000!!!!!なんて弁当がけっこうあるもので

その最たる駅弁が この牛タン弁当 弁当の底にある糸を引いて加熱するタイプ 中身が↓

続きを読む "価格相応?" »

東追分より

Img_1915

北の大地を徘徊中・・・・・

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

妖精講座

メアリーのぷりてぃ るーむ

マイリビングダイアりぃ

水無月さん

Relaxing life

Four-leaf clover♪

  • 浅羽由紀
    小柄な身体に似合わずパワフルなボーカル・繊細なピアノの調べ現在…ライヴ活動を精力的にこなしています・・応援してくださいね!

鉄旅ブログ

こゆき

  • Img_2041
    我が家の愛犬・・・こゆきです。2007年5月捨て犬だったこゆきは家族の一員になりました・・・年齢不詳です?

季節の花

  • Img_0011_2
    普段 持ち歩くコンパクトデジカメで主に 野花を撮影しました。