最近のトラックバック

2008鉄旅…飯山線

  • 快速くびきの
    2008…正月休みに思い付きで・・・以前より暖めていた冬の飯山線に乗ってみたいという欲求を解消すべく前日は一睡もせず最寄駅を始発列車に乗り込み・・・東海道線・身延線・中央東線・篠ノ井線・信越本線・飯山線・上越線・信越本線と全8路線450km…帰りは別路線トータルすると約1.100kmの鉄旅に行ってきました。このアルバムは前編です・・・・

江ノ電

  • 腰越駅にて
    一時は存亡の危機に瀕した江ノ電ですが、現在は沿線住民の足・休日とっもなれば観光客で超満員の人気路線となりました・・ 沿線のどこを切り取っても絵になる…江ノ電 楽しいですよ!

飯田線田本駅

  • 飯田線夕景
    長大ローカル路線…JR飯田線の秘境・田本駅を中心に周辺の画像を掲載しました。

磐梯西線

  • そろい踏み
    飯山線に続いて・・・新潟で一泊したあと二日目は区間乗車のままだった磐越西線の完乗のため新潟発8:22の磐越西線『快速あがの2号』に乗車しました。前回は夏の乗車だっため冬の磐越西線・・飯山線同様に豪雪地帯です。

南アルプスアプトライン

  • 南アルプスアプトライン
    大井川鉄道井川線(南アルプスアプトライン)の各駅…千頭駅~井川駅までと沿線風景を紹介します。

小海線

  • 野辺山駅
    高原列車で有名な小海線です。中央東線小淵沢駅より小諸駅までを結び単線非電化・・・全国のJRで標高の高い駅 ベスト10のうち8駅までが小海線の駅だそうです。小淵沢を発つと車窓からは南アルプス・八ヶ岳・富士山など私の一押しの絶景路線です。

« End Point 2 | トップページ | End Point 4 »

End Point 3

Img_1097

「いかめし」の記事にも書きましたが、函館本線 森駅 終着駅というわけではありませんが、森駅からは函館本線の砂原回りという支線が大沼駅までの間 半島を海沿い走っており その基点でもあり終点でもあるため一連の仲間に入れてみました。

Img_1101

森駅は「いかめし」でとても有名な駅ですが 駅前は数える程の商店とビジネスホテルが一軒あるだけの とても小さな町です。 跨線橋からプラットホームを  函館方向を望んでいますが、右手に見える裾野が駒ヶ岳 あいにく雲に隠れて全容は見えませんでした。函館本線は駒ヶ岳の西側を走っていますが、これから乗る砂原回りは駒ヶ岳の東側を海沿いに大沼までの間を結んでいます。 支線とはいっても全長が35kmもあり独立した路線名があっても良さそうですが・・・・・運行本数は極端に少ない路線です。

Img_1102

北側を望んでいます… 噴火湾沿いにあり構内も広いのですが、人影は疎ら なんか北海道の海辺の駅らしい佇まいです。

Img_1105

この列車に乗って「いかめし」を頂きました・・・函館から森まで特急スーパー北斗に乗って30ほどの所要時間でしたが、帰りは こちらに乗ってトコトコと砂原回り・・・約3倍の時間を掛けて ゆる~い鉄旅です。

« End Point 2 | トップページ | End Point 4 »

鉄旅」カテゴリの記事

コメント

高崎吾朗さま…

駅弁を喰らうシュチエーションと言えば
汽動車のボックスシートに陣取って車窓を眺めつつ
「お〜いお茶」の濃い味をお供に…これが定番パターンでしたが


ホームの先端にドカッと座り・・選択肢にありませんでした。
近くの駅では…まもなく駅員に注意されそうですが

森駅なら直ぐにでもやってみたいですね!!!
本州では海沿いに森駅のような佇まいの駅は見当たりませんからね?


今回 初めての訪問でしたが私も森駅…大好きになりました。

おはようございます。

森駅、私も好きです。
ホームの先端にドスンと座って名物のいかめしを喰らうのが
北海道に来るとほぼ必ずやる儀式みたいなものです(笑)
この荒涼たる風景が北海道ですね。
駒ヶ岳が見えなくても雰囲気たっぷりです。

♪メア&メルままたんwithリリーちゃん

ままたん…おはようございます
お褒めいただき恐縮です。

この写真 とくに変わった撮影はしていませんよ
蜘蛛の巣に付いた水滴を接写しました。
コンデジでは苦しいので少しの工夫は必要ですが

誰にでも撮れる写真です。

あじさいの記事コメント欄がないので・・・

きれいっ!この水滴は何?どうやって撮ったんですか!?
不思議で綺麗な写真ありがとうございます

みるみるさん…コンバンハ

ハイ…北海道まで行ってしまいました。
と言っても北海道の南部をほんの少しですけど・・

今後の北海道完乗をスムーズに進めるために
厄介な盲腸線と支線をやっつけておく為でした。

大湊線はお薦めですよ・・ただ極端に運行本数が少ないので
綿密なプランは必須です。

今回の鉄旅は「東日本パス」3枚と「函館・大沼フリー乗車券」の
合わせ技での旅行でした。

山形新幹線を省く新幹線4路線も完乗しましたよ!

東北パスで、どこまで行かれるのかなと思ってましたが、
北海道まで、行ってらしたんですね!

私も、せんこうさんの、
「夜行バスで東京まで」という案で、
「なるほど!」と、夢が広がりました!
来月、連休とれそうなので、楽しみたいと思います。
ブログ拝見して、大湊駅が気になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/410219/40457713

この記事へのトラックバック一覧です: End Point 3:

« End Point 2 | トップページ | End Point 4 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

妖精講座

メアリーのぷりてぃ るーむ

マイリビングダイアりぃ

水無月さん

Relaxing life

Four-leaf clover♪

  • 浅羽由紀
    小柄な身体に似合わずパワフルなボーカル・繊細なピアノの調べ現在…ライヴ活動を精力的にこなしています・・応援してくださいね!

鉄旅ブログ

こゆき

  • Img_2041
    我が家の愛犬・・・こゆきです。2007年5月捨て犬だったこゆきは家族の一員になりました・・・年齢不詳です?

季節の花

  • Img_0011_2
    普段 持ち歩くコンパクトデジカメで主に 野花を撮影しました。